関連資料

組織案内

電気を届ける現場から ーいままでもこれからもー

電気を届ける現場から ーいままでもこれからもー

「巻頭インタビュー 橘川武郎・一橋大学大学院教授に聞く」
ー電気事業の現場力を誇りにー

 電気事業は歴史的な転換期を迎えています。東日本大震災以降、原子力の問題をはじめ電気料金をめぐる動きなど、目まぐるしい変化のただ中にあります。そうした中、電気事業をになう最前線の現場の重要性は再認識されています。電気事業に精通し、数多くの現場も見てきた橘川教授に「現場力」という切り口から現在直面する電気事業の課題や将来展望をうかがいました。

電気をつくり、送り届ける
 電気というエネルギーをつくり、送り届けるため、揺るがぬ使命感を持って仕事にあたる人たちがいます。未曾有の危機に遭遇しても、思わぬ事態に見舞われても、地域のため、お客さまのため、ひたむきに課題に挑み、克服する努力をおしみません。そうした電気事業の最前線で働く人たちの生の声を紹介しています。

電力システム改革とは?
 2011年3月の東日本大震災とその後の電力ひっ迫、福島第一原子力発電所事故等をきっかけに、日本の電気事業のあり方を見直す「電力システム改革」の論議がスタートし、2013年には、電力システム改革の方針や具体的スケジュールが決定されました。
 今後、日本の電気事業は大きく変化していくこととなりますが、産業や私たちの暮らしへの影響等を考えると、その内容をしっかりと見極める必要があります。そこで、電力システム改革の概要や課題などについて紹介します。

電力システム改革について私たちはこう考えます。
 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故以降、わが国のエネルギー政策は大きく揺れ動き、電気事業のあり方についても様々な議論が加速されてきました。今後、すすめられようとしている電力システム改革が、真に中長期的な国益・国民利益にかなうものとなるのかどうか、その成否を左右する重要課題が依然として積み残されていることを忘れてはなりません。

岸本薫 電力総連会長のインタビュー記事
 *電気事業の現場第一線の現状は
 *電力システム改革の論議について感じていることは
 *電気事業を支える現場の使命感についてどのように
  感じていますか。
 *会長就任後、福島の現地を何度も訪問されています
  が、どのような感想をもちましたか。
 *激動期の電気事業にあって、労働運動を進めていく
  上で意識するのは。

ステップアップ連帯購買運動

こんなところにも!九州電力グループ

こんなところにも!九州電力グループ

「仲間の商品を買おう!使おう!伝えよう!」

 平成16年6月に開催した九州電力総連「第38回定時大会」において、加盟単組企業の「営業活動」への支援活動を進めるために、暮らしに関わる生活サービス関連事業の商品を中心に「仲間の商品を使おう!連帯購買運動」を展開することを確認し積極的に取り組んできました。
 平成22年度には、さらなる支援策を検討した結果、それまでのように九州電力総連加盟単組の商品だけに特化するのではなく、九州電力㈱事業推進本部が支援するグループ企業の商品も連帯購買運動の対象とし、企業と組合の違いによるグループ支援の重複感やわかりにくさの払拭に努め、グループ一体となって仲間の商品を積極的に購入・利用していく運動にステップアップした活動を展開しています。